ブレソル リアル「斬月」を作った鍛冶屋がスゴイ!

real-zangetsu-thumb

ブリーチ初のスマートフォンアプリとしてリリースが待たれるBLEACH Brave Souls(ブレソル)ですが、ブリーチを語る上で外せないのが死神が持つ特殊な刀「斬魄刀」ですよね。

そして主人公である「黒崎一護」の斬魄刀といえば、鞘も柄も鍔もハバキも無い、出刃包丁のような形状の巨大な刀身のみの刀「斬月」です。

その巨大な刀である斬月を、なんとリアルで作ってしまった鍛冶屋の職人たちがいるのです。

まずはご覧ください!!

SPONSORED LINK

ブレソル 斬魄刀のリアル「斬月」でぶった切る!

このハイクオリティなリアル「斬月」を作ったのは、海外で有名な鍛冶職人チーム「MAN AT ARMS」。

プロの技術でゲームや映画の武器やアイテムを作っています。

完成したらさっそく試し切り!

real-zangetsu08-b-min

スイカにリアル斬月の刃が吸い込まれていくっ!

real-zangetsu09-min

切れなきゃパワーでなぎ倒しっ!

real-zangetsu11-min

メロンも花瓶も真っ二つッ!!

real-zangetsu10-min

お分かりいただけるだろうか。この満足気な表情を。

ブレソル ブリーチの斬月だけではないハイクオリティな武器・アイテム

じつは「MAN AT ARMS」が作っているのはブリーチの斬月だけではありません。

この他、デビル・メイ・クライやファイナルファンタジー、スターウォーズやゼルダの伝説の武器などもハイクオリティに作ってます。

現在、「Man at Arms: The Complete Series」として64もの武器やアイテムが作られています。

Man at Arms: The Complete Series

どれも笑ってしまうくらい完成度高くてびっくりです。

>> ブレソルBLEACH Brave Souls攻略まとめへ戻る

SPONSORED LINK

コメントを残す


※コメントは承認制にしています。反映まで少々お待ちください。